ネイリスト

「ネイリストってどんなお仕事?」

そう聞かれて、どんな答えが返ってくるのかなあって考えてみました。

 

爪を綺麗にしてくれる人。

綺麗な色を塗ってくれる人。

爪のコンプレックスを取り除いてくれる人。

 

一般的にはそういう認識かなあと思います。

 

名刺には分かりやすいように

「ネイリスト」って書いてるけど。

 

実は春頃に

「もうネイリストって言うのやめよう」

って思って、インスタにもFBにもそういう事書いた。

正直に言うと。

私の中ではもう「ネイル」がメインでは無くなっている気がします。

気がすると言うか、確信かも。

誤解のないように書くと、ネイルが適当になった訳ではなくて

「当たり前にある」と言った方がいいのかな。

これからは「その先」がメインになる気がします。

 

これは多分「わたし」だけではなく

大きな意味で、ネイルでもネイルじゃなくても。

世の中がそういう風になって行く様な気がしています。

 

今からやりたい事は

なんとなくわかっています。

 

来年で40歳になります。

 

キッカネイルではレッスンも行っていますが

それとは別に

私のキッカメソッドとキッカマインドを

まるごと引き受けてくれるネイリストを

育てていこうと思っています。

 

まずは基盤が大事なので

思考とメンタルのコーチングから。

技術だけじゃなく

本当の意味で「仕事」としてネイリストとして

働いて行ける様に。

 

私はこれからは、そういう人達の

サポートに回れる様に勉強を始めました。

 

来年もその為の学びを続けていこうと思っています。

 

本音を言うと。

誰でも簡単に独立できる様になった今。

特にネイルもそうですね。

 

今それがマックス値にあると思います。

 

これから先の時代は

ここから「ふるいにかけられる」時代になって行くと思っています。

 

ネイリストさんから色々なご相談も受けますが

「それ何で調べもせず聞くの?」

「それって仕事と呼べないよね?」

「自分らしくって言う言葉勘違いしてない?」

「それって「無償で知恵と技術頂戴」って言ってるのと同義語ってわかってる?」

「自分には「無料で拾える知識の分しか価値がない」って言ってるのと同じだよ?」

 

そういう風な事を思う事たくさんあります。

レッスンに来てくださる方には

言葉にして伝えるけど

本当の「プロ」とか「意識」とか「愛」とかって

わかってるのかな?

自分の事自分でこき使ってるって解ってるのかな?

って本当に思います。

 

自分で与えた価値の分だけしか

自分の価値は上がりません。

 

そう思います。

 

私は「努力」とか「根性」とか

「自分を犠牲にする」とか大嫌いです。

でもそれは「怠ける」「楽する」とは全然違う。

 

今日の結論。みんな自分の事舐めすぎ。

[ OPEN ]10:00 -  /  最終受付 15:30

[ ADDRESS ]熊本市東区下江津 セイラタウン内

ご予約・お問合せCONTACT


熊本市の湖のそばにある小さなプライベートネイルサロン KiccAnailキッカネイル です。一層残しでのデザインチェンジで爪の痛みを最小限に「あなたらしい」をデザインします。

深爪や噛み爪のお悩みや、ネイリストの方を対象にした個別レッスンなども受け付けています。どうぞお気軽にお問い合わせください。