仕事と努力

 

自分らしいってなんだろうね。

という事をお客様とアレコレ論じていた

ある日のサロンでのおはなし。

 

ももこさんにとって仕事って何ですか?

どこを目指すんですか?

って聞かれて

うーんと考える。

 

絶対こうなりたい!とか

有名に!とか

正直に言うとあまりない。

今のところ、この仕事以外できる気がしない。

やらずにはいられない。

と言うのが本音。

悪い意味では無くて。

もちろんもっともっと細かい理想はあるけど。

あ。「私の思うネイルの楽しさ」をもっと

知ってもらう事は、

やっていきたい事のひとつだけど。

 

好きな事や知りたい事ややりたい事。

求められるところ。

ただそこに動いてるだけかなー。

という答えかなあ。

あと、自分を愛でるっていう事の大切さを

伝えて行くのも私の仕事だと思ってます。

 

私「努力」は苦手です。

でもそれは怠けるとか

適当にとは違う。

私が思うのは

「ただ知りたくで出来るようになりたくて

ご飯も食べず熱中してしまう」って言うのが

はたから見たら

もしかしたら「努力」に見えるのかな。

って事。

「仕事は努力するべきだ!」って言う

スタンスでは、きっと無い。

 

ネイルだけじゃない。

努力と思わずとも

「やらずにいられない」って事。

それを仕事に出来るかどうかって事だとおもう。

もちろん仕事にするからには

責任と意識を持たねばならんけど。

 

日本は特に「努力は美徳」だったりする。

けど、努力の価値観って案外みんな違うかもねと思ったり。

 

すごく長けてる人や

成功者と呼ばれる人が

「悔しいこともあった」とか

「這いつくばった」とかは言うけど

「すごく努力しました!」って言ってるの

あんまり聞いたこと無いもんなー。

 

そんな事を話しながら

お客様とアレコレ考えたりしてる日もあります笑

 

私なりの結論。

科学者や研究者や職人を見てると

どうしてもあの姿勢を「努力」とは思えない。

損得考えずただただ探究心に突き動かされて

知らずには、やらずにはいられないんだろうな。と思う。理由なんてなさそう。

 

それと同じ気持ちを持ってやれる事に出会って

仕事にしてる人を

きっと人はそれを「天職」と呼ぶんだろうなーと。

 

そんな人達が成功するとしたら

きっとその姿を見てその人の

ファンになった人が

お客様やクライアントやサポーターに

なっていくんだろうなーと思います。

 

仕事奥深し…。

[ OPEN ]10:00 -  /  最終受付 15:30

[ ADDRESS ]熊本市東区下江津 セイラタウン内

ご予約・お問合せCONTACT


熊本市の湖のそばにある小さなプライベートネイルサロン KiccAnailキッカネイル です。一層残しでのデザインチェンジで爪の痛みを最小限に「あなたらしい」をデザインします。

深爪や噛み爪のお悩みや、ネイリストの方を対象にした個別レッスンなども受け付けています。どうぞお気軽にお問い合わせください。